ご訪問ありがとうざいます。


先日、うちのちびっこ二人がおばあちゃんの家でおやつに野菜スッティックを食べていました。

なんでも二人が食べたいと言ったそう(笑)

人参ときゅうりがゴマドレッシングで。

どちらも生のまま

主人の母が「今の人参は生でも食べれるよね~

昔の人参は渋みがあって生では食べれなかったよね~」

・・・・・・・・


そうなんです!

お野菜の栄養価は

昭和26年ごろに比べて著しく減っているんですよ。

人参でいうと

ビタミンAが 食品100mg?中13500g?だったのが今は1500mg?

ほうれん草も

ビタミンAが800mgだったにが今は700mg


なぜそうなったのか?

今はビニールハウス栽培などで季節の野菜はあまりなくなり、一年中スーパーに陳列されています。

生産重視になりすぎて、畑の土を休ませる事なくなっているそう。

土壌からのエネルギーや栄養が取れにくい。

もう一つ

これを聞いた時は衝撃でした・・・

私たち消費者の声

つまり・・・

甘くて美味しい野菜を食べたいと。

消費者の声に応えて品種改良した結果

甘くて美味しいけど、栄養がなくなったお野菜ができたんです。


脂肪を燃焼するのに必要なビタミンとミネラル

摂取する事が難しくなって来ている中

じゃあどうする?

サプリメント?

大丈夫です。

サプリメントなしでもズーパーで売られているお野菜で上手にに摂取し

摂取した栄養素を効率よく使うための食べ方がちゃんとあるんですよ。

先ずは〇〇を控える事が大事です(^^)



?Gg[???ubN}[N??